2015年07月11日

シャドウプラクシー

エルゴパロディ

  • 退廃的な世界観
  • サイバーパンク
  • ゴシックパンク
  • 哲学・心理学
  • 見れば見るほど味の出るアニメ
  • 遊佐浩二が演じる主人公

これらにピンときたアナタにおすすめしたいアニメが『エルゴプラクシー』
先日、ソニックファンさんからすすめてもらったのですが、なかなか面白かったっす!
You Tubeのバンダイチャンネルで第1話が無料公開中です。



TSUTAYAだったら大型店舗でレンタルできるかも。

最後に太字で挙げていますが
ソニックファン的には、シャドウ役でおなじみゆっちー遊佐浩二さんが演じる
主人公をおすすめしたい!
ネタバレになるからあまり詳しくは話せませんが、
とにかくいろんな遊佐さんの演技、ボイスが堪能できるんです!と、だけ言っておきます!

上の絵は、声優さんネタのパロディ絵です。
マリア(に見えんが)の奇抜なアイメイクは、ヒロインのリル・メイヤーから来ています。
リルは、そのメイクとツンツンした性格もあって
最初は怖くて近寄りがたいイメージがあるのですが、
徐々にそれが魅力に思えてくるんですよねぇ。意外なすっぴん姿も必見!?

あ、ちなみに白鳥由里さんはリルの声を演じていません(笑)。
彼女を演じるのは斉藤梨絵さん。
クールさ、気の強さに秘められた可愛さを見事に表現されています!

それと、上の方で「ネタバレになるから」と言っておきながら、
実はこのシャドウの格好に作品のネタバレが含まれています。
でもまあ序盤で明かされることなので問題ないかなと(笑)。

このアニメの残念な点を挙げるとするなら、
「すごい作品を作ろう」というスタッフの気概が確かに伝わってくるのに、
情熱が強すぎたのか空回りしちゃっているところですねー。
「う〜ん、何かが足りてない、もう一、二押し!」といった感じ。
スケールの大きい構想があるんだろうな〜となんなく分かるけど、
説明不足な感が否めないんですよね〜。

大傑作になりえた実に惜しい作品。でもなぜか人にすすめたい(笑)不思議な作品です。
posted by ねこまんま | Comment(0) | ソニック